『君の名は』と『シンゴジラ』とその他もろもろ

DLE2016
先日、DLEの株主総会に行ってまいりました(*^_^*)
DLEはTOHOシネマズの映画鑑賞前に放映されるアニメ『秘密結社 鷹の爪』の制作会社。
最近ではテレビ番組『ZIP!』の貝社員など、DLEのキャラクターを目にする機会がますます増えてきたように思います。
知人(写真右の背の高い男性)が社外監査役を務めていることもあり、昨年より株主となって株主総会にお邪魔しております。
今年はなんと、株主からの質問が1つも出ない、静かな株主総会でした。
時間にして約21分。
私がこれまで出席した株主総会の開催時間最短記録をもう少しで更新するところでした(笑)
ちなみに、これまでの最短記録は20分。結果的に、その20分のために新潟日帰りの旅をするということになってしまいました……。

さて、TOHOと言えば、『シンゴジラ』『君の名は』とヒットが続いています。

というわけで、先日、どちらも見てきました~。

正直『シンゴジラ』は、面白さがよくわからず。つまらなかったわけでもないですが、、、
そして、これまで『ゴジラ』を一切見たことがなかったことに気づいた私です。
ちなみに、4Dの映画館で見たのですが、それはとても興味深かったですね。
椅子は揺れるし、水は飛んでくるし、風はふくし。
この椅子の揺れがなかなか激しい。
水も容赦なく飛んでくる。
水だけは、座席にあるボタンでオフにすることもできるのですが、せっかくなのでONにして楽しみました。

『君の名は』はとても良かったです。
新海誠監督の作品なので絶対に見に行こうと決めていました。
もう何年前になるかな。私のアニメの趣味を熟知しているオタク系友人(笑)が
「平林さんは絶対に『秒速5センチメートル』好きですよ!」
と新海誠作品を薦めてくれたのがきっかけで、監督のことを知りました。
『秒速5センチメートル』は、うじうじした男の子が主人公の物語なのですが、友人が薦めてくれただけあってドンピシャな作品でした。
画面、音楽、作品全体をまとう雰囲気。
ある意味、夢の無い現実的なエンディング(笑)
というわけで、そんな監督の作品を見ないわけにはいかない、と映画館に足を運びました。
笑って泣いて、キュンとして、素直に「良い時間を過ごしたな~」と感じました。
もしかすると、従来の新海誠監督ファンの中には、『君の名は』は「メジャー」なにおいがして好きではない、という方もいるかもしれません。
私はメジャーな感じも含めて、とても好きでした!

アニメ作品と言えば、細田守監督作品も好きです。
細田監督作品は『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』を見ました。
どれが一番好きかと問われれば、私は『おおかみこどもの雨と雪』かな。
『サマーウォーズ』ファンも多いようですし、真の細田ファンの中にはそれ以外の作品を推している方もいるようですが。
そうそう『時をかける少女』は、奥華子さんが歌っている主題歌も好き!
面識はありませんが、奥華子さんは私の中学の1年下の後輩だそうで、そんな身近にこんな素敵なシンガーソングライターがいたなんて、本当に驚きです。

それにしても、今月はそのほかにヨガがらみの映画も2本見たし、なんだかんだ行って、ここ数年は、よく映画を見ているなあ。
来年は、ニューヨークと東京を行ったり来たりする予定なので、飛行機の中で映画三昧になりそう。
そんなことが許される環境。本当にありがたいです。

イマココ
アルガママ

愛、運、縁、恩、感謝。

今日も生かされていることにありがとう。