夏の和服

2016071801
和服は着物(長着)、帯、小物と下着、が季節によって異なります。
着物には裏地のある袷(あわせ)、裏地のない単衣(ひとえ)、絽や紗など透ける薄物があり、
帯には通常の帯と夏帯があり、
下着と小物には透ける夏物とその他があり、
例えば、6月と9月は単衣、7月と8月は薄物など、季節に合わせて切り替えていきます。
もちろん、衣服ですから、色柄によっても合う季節がありますし、普段着かやォーマルかといった格もあります。
和服売り場などで店員さんに聞くと厳格なルールを教えてくださいますし、それを重んじる方もたくさんいます。
一方で、東京は季節の先取りをする人も多いですし、現代のドレスコードでは5月はもう単衣を着ている人も多いです。
私も5月には単衣を着ていて、この場合は帯と下着を通常のものにしています。
そして、6月に単衣を着る際には帯と下着を夏物にしています。
7月と8月は薄物を着ます。
私は夏の薄物がとても好きです。透け感が素敵なんですよね。見た目が涼しげで。
とはいえ、この暑さの中で着ますから、洗うことのできない正絹の着物だと、敷居が高すぎる・・・・・・。
というわけで、いつも、自宅で丸洗いできる薄物を着ています。
こちら↓なんて、帯も洗えるんですよ!
2016071802
ところで、普段の草履は、これ↓
カレンブロッソ
カレンブロッソというブランドの草履です。
ここの草履をはいてしまったら、もう、他のものははけないの思うほどの優れもの!
ビーチサンダルでさえ足が痛くなってしまう私が何時間はいても快適に過ごせるのです。
たぶん走ることもできます(笑)

これからも、伝統的なルールを勉強しつつも、自由に和服を楽しんでいけたらいいな。
そして、そんな和服の楽しさを伝えられるようになったらいいな。

イマココ
アルガママ

愛、運、縁、恩、感謝。

今日も生かされていることにありがとう。