伊藤若冲展

20160701
京都は細見美術館の伊藤若冲展へ。
ただそこにある命を描いた作品の数々にグッとくる。
そんな中には髑髏の絵も。

「ああ、生きているんだなあ~」
と漠然と感じていたところ、ミュージアムショップで見つけたのがこの本。
この漠然とした想いが言葉となって若冲の絵にそえられていた。

イマココ
アルガママ

愛、運、縁、恩、感謝。

今日も生かされていることにありがとう。