地鎮祭。始まりの季節。

20160405
おかげさまで、先日、無事に41歳の誕生日を迎えることができました。
親友が桜の見える素敵なレストランでお祝いをしてくれました。

今年は、監査法人から独立してから17年目に突入します。
もともと、夢も希望も目標も、何もないところからのスタートでしたので、今に至っただけで奇跡だと感じています。
16年前の私に、現在のような自分を思い描く力はなかったと思います。
当時の想像力をはるかに超えたところに今の自分は存在しています。
すべてのことは必然、必要、ベスト。
本当にありたがく、「ありがとう」としか言いようがありません。

だからこの先も、夢も希望も目標も、無理に持つ必要はないと思っています。
私の想像力は、現実の素晴らしさを超えられないから。
想像を超える世界から投げかけられる命題に応えていける、さらにはそれを超えていける、自由で柔軟な自分でありたいと思います。

話は変わりますが、おかげさまで、本日、無事に地鎮祭を迎えることができました。
役員を務める社会福祉法人が新しい特別養護老人ホームを作りことになり、工事を始めるための大切な儀式が今日、執り行われたのです。
いよいよ工事が始まります。
地域の方々に受け入れていただける、職員が生き生き働ける、そして入所される方々が安心して暮らせる、そんな場所になりますように。

新年度。
始まりの季節。

愛、運、縁、恩、感謝。

今日も生かされていることにありがとう。