FC2ブログ

飛行機生活

ほぼ毎月、東京とニューヨークを往復する生活を続けて1年半。
ニューヨークだけではありませんが、年間の3分の1以上を海外で過ごしています。
海外に行く時、基本的に飛行機に荷物は預けません。
機内持込できるトランク(か大きめのTUMIのリュック)と写真のバッグのみ。
荷物を減らすために、色々な工夫を重ねています。

※以下、いくつかブランド名が出てきますが、あくまでも私が個人的に購入して使用した結果の感想であり、広告料などはいただいておりません、残念ながら(笑)

飛行機バッグ3

写真のバッグは、飛行機移動を重ねる中でたどり着いた優れもの。
小さなマックブックがギリギリ入る大きさなのに、このデザインなので街歩きもスマート。
(最近はもっぱらiPad Proのみ使用し、パソコンレス生活を送っていますが。)
取っ手を外せばクラッチバッグにもなって、かなりコンパクト。通常のディナーであれば、問題なく使えると思います。
手荷物検査でカバンから出さなければいけないものは全部ここに入れておけば出し入れスムーズ。
しかも、飛行機の座席の網に入るの。こんな風に。

飛行機カバン2

飛行機カバン1

なお、このバッグに化粧水や洗顔料、日常生活に最低限必要なものは全部入れてあります。
機内には液体の持込制限があるので、一回ごとに使える化粧水、粉の洗顔料などを活用。面倒なので、日常もそれに切り替えました。機会があれば、そんな話もまたどこかで書けるといいな、と思っています。

このバッグは、GIANNI CHIARINIというブランドのもので、銀座にショップがあって、このバッグと出会った時には、
「これぞまさに、求めていたものだ!」
と震えました。値段もそれほど高くないので、安心して使えます。

ところで、東京ニューヨーク間は12時間くらい飛行機に乗るので(エコノミーです)、服装もきちんとしていて楽に過ごせるものは何か、色々と試行錯誤しています。
私の服装のこだわりは、基本的にウォッシャブルなものを選ぶ、ということ。これには否定的なご意見もあるかもしれませんが、冬のコート1枚とシルクの和服を除いて、持っている服は全て洗濯機洗いが可能です。
写真に写っているジャケットもフェイクレザーで洗濯機洗いが可能。
Kaymeというブランドのもので、本物の皮と変わらないくらいのお値段(良い皮と比べればお安めですが)なのですが(笑)、水に強いし着心地もとても良いので、飛行機移動の時はもちろん、普段から愛用しています。
靴のこだわりは、脱いだり履いたりしやすいもの、ヒールの高いもの、それでいて足の甲のところにホールドのあるもの。仕事柄、色々な場所にお邪魔したり、夜の会食で座敷席になったりすることもあり、スムーズに脱いだり履いたりできる靴であることがとても大切。紐を解いたり、金具で引っ掛けたりする靴は基本的にはきません。
ジッパーのタイプか、足がゴムでホールドされるものを選びます。
もちろん、歩き回るためはき心地も重要なので、気に入った靴には数年に1度しか出会えません、、、
ニューヨークからの出国の際には、手荷物検査の際に靴を脱ぐので、そのためにも、すぐに脱げる靴を選んでいます。

デュアルライフを快適にする工夫は、ノマド生活を快適にする工夫でもあり、それがそのまま、シンプルな暮らしにつながるのでとてもありがたいです^ ^

イマココ
アルガママ

愛、運、縁、恩、感謝。

今日も生かされていることにありがとう。