おかげさまでまた1つ歳を重ねることができました。

おかげさまで、本日、44回目の誕生日を迎えることができました。ここまで無事に生きてこられたことに感謝です。無事に生きてこられたどころか、大病もない上、本当に色々な経験をさせていただき、ここまでの人生を想い出すだけでありがたくて嬉しくて幸せで涙が出てきます。昨年から、自分としっかり向きあい、本当にたくさんの気づきがありました。自己肯定感が低かった自分他者を信じ切っていなかった自分そのくせ奢っていた自...

2019年はゼロになる。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年は自分の人生をしっかり生きるスタートの年と位置づけ「ゼロ」になってみようと思っています。物質的なことじゃなく、もっと奥深くにある本質的なところでね。魂の真の成長のために。心の声を聴き、ありのままの自分を生きる自然、地球そして宇宙と調和する2019年1月1日ニューヨーク、JFK空港ラウンジにて。P.S東京とニューヨークを行き来するデ...

視座高く、視野広く、思慮深く

約38キロも続くポンチャートレイン湖コーズウェイ(Lake Pontchartrain Causeway)を見下ろしながらふと想う。視座高く視野広く思慮深くイマココアルガママ愛、運、縁、恩、感謝。今日も生かされていることにありがとう。...

お金で何かが買えるって奇跡。

和菓子の奇跡的な美しさに感動して動けなくなることがあります。千本玉壽軒という京都の和菓子屋さんの「さくらんぼ」(写真)と出会ったときもそうでした。お店で実物を見たとき、呼吸することさえもしばし忘れてしまうほどの衝撃を覚えました。ところで、奇跡と言えば。いつも感じていることですが、お金で何かを買うことができるのって本当に奇跡だと思います。数字を印刷した紙切れや丸く成形した金属が「お金」として社会に信...

たとえ何も残らなくても

「今まで」の延長線上にない世界があるような気がして、ゼロからやり直していることがある。ゼロから見直しているから、前できていたことが同じレベルでできなくなっている。これまでのような成果が出なくなっている。フォームを直しているスポーツ選手の動きが一時的に悪くなるように。そしてもしかすると、このパフォーマンスの低下は一時的ではないかもしれない。このまま一生が終わってしまうかもしれない。この先に何かがある...